委員会方針

良樹細根委員会 委員長 降矢 誠

【事業方針】

人には人の歩んで来た道があります。それは、生まれた環境や出会った人によって、大きく左右されるものです。だからこそ、人それぞれの考えは異なり、時にはぶつかることもあります。様々な多様性がありながらも、互いを認め合い、学び合う事によって、人は成長して行くのです。当委員会は、学び舎である昭島青年会議所を後世に残すべく、互いを認め合い、共に助け合える人材育成を行い、しっかりとした連絡体制を築きながら、個々がチカラを発揮出来る安定した組織運営を行います。

見識高き諸兄姉が毎年ご卒業されていく中、今後の昭島青年会議所の存続を保つ為に、30名LOM実現は欠かせません。その為にはメンバー、一人一人の見識を高めるのは元より、地域諸団体や市民の方に、昭島青年会議所の活動を知って頂き、一人でも多くの方達に理解を深めてもらえる運動発信をしていきます。

【事業計画】

○総務全般
○財務全般
○諸会議および総会の運営
○2020年30名LOM実現に向けた会員拡大
○ホームページの運営
○記録写真保存管理
○新年賀詞交換会の開催
○渉外系(ブロック大会)
○地域との繋がりを持つ例会の開催
○第47回昭島市民くじら祭の総括
○第47回昭島市民くじら祭実行委員会への出向
○次年度例会の開催

フューチャーコネクト委員会 委員長 船野 将之

【事業方針】

「未来に繋げる」。

昨年は東京ブロック大会が開催され、昭島市の魅力や昭島青年会議所の団結力を市内外に発信出来たと思います。本年度は、東京ブロック大会を通じて、老若男女問わず多くの方に伝播した「想い」を、永続的に発信し続けていくことが重要であると考えます。当委員会は、昭島市の、そして昭島青年会議所の「想い」を、市民や関係諸団体からの開催要望の多かった「青少年育成事業」や、今年度からスタートする「水をテーマ」とした事業、そして昭島市民にとっての毎年夏の風物詩である「くじら祭」等、様々な事業を通して発信し、「想いを未来に繋げて」参ります。

【事業計画】

○2020年30名LOM実現に向けた会員拡大
○未来を担う子ども達を育む例会開催
○水のまち昭島を発信し、盛り上げる例会開催
○自分とは違う環境に想いを馳せる例会開催
○第47回昭島市民くじら祭JCコーナー担当
○第47回昭島市民くじら祭実行委員会への出向
○クリスマス例会の開催
○渉外系(京都会議)

結果で恩返し委員会 委員長 松本 潤

【事業方針】

昨年は、東京ブロック大会昭島大会を成功に導いた、数多くのメンバーが卒業していきました。ここ数年、30名LOMを掲げながら志半ばで卒業した先輩方の思いを引継ぎ、私達なりの手法で目標を達成したいと思います。

そのプロセスとして、来年以降も継続的、安定的な拡大が出来るよう、ロードマップとシステム構築をしていきます。さらに対外事業を通し、昭島青年会議所の運動発信、魅力発信をし、LOMのチカラを今一度強固なものとする為、多様性を持った新たな同志の獲得を目指します。

人のチカラなくして大きな事業の成功はあり得ません。メンバーで一致協力し、会員の拡大を目指します。

【事業計画】

○2020年30名LOM実現に向けた会員拡大
○2020年30名LOM実現に向けた例会開催
○会員拡大の意識向上を図る例会開催
○メンバーの絆を築き、さらに深める例会開催
○新人例会の担当
○新人オリエンテーションの開催
○渉外系(全国大会)
○第47回昭島市民くじら祭ステージ担当

理事長紹介

昭島青年会議所 第35代理事長 内山 真吾

昭島青年会議所
第35代理事長 内山 真吾

メッセージを読む