昭島青年会議所とは

1985年、全国で736番目のJCとして創立されました。
昭島に居住もしくは勤務する青年経済人で構成された団体です。
役員・組織・事業等は組織の活性化・事業の斬新性を保持する為『単年度制』の組織運営を行っています。
国際交流、青少年の育成、環境問題、地域諸団体との交流、行政への政策提言活動等の事業を毎年推進しています。
メンバーが配属される委員会は月に最低1回の委員会を開催し、事業を運営します。
メンバーが配属される委員会では、定期的にセミナーまたは、各界の著名な知識人に講演を依頼する『例会』を開催し地域の問題から世界の問題まで幅広く追求しともに悩み考え、行動しています。
私たちは地域に根ざしたまちづくり運動や会員相互の理解を深め、常に市民運動のリーダーを目指しています。

青年会議所(JC)とは
『明るい豊かな社会』の実現を同じ理想とし、次代の担い手としての自覚と責任感をもった20歳から40歳までの『品格のある青年』で構成され活動する団体です。
人種・国籍・性別・宗教の別なく個人の自由な意思により、その居住する各都市の青年会議所に入会することができます。
40歳を越え卒業となったJC会員(OB)はシニアメンバーとして登録され、それまでJC活動で培った知識と活動力を各地域、各界で生かし活躍されています。

現在700余の都市に約36,000名の会員を擁し、世界中では約32万人の会員が同じ理念のもとに国際的な同志感を持って運動を続けています。
JC…………青年会議所のこと(JUNIOR CHAMBER)の略
JAYCEE…青年会議所会員のこと
現在全国に700余の青年会議所があります。これらの青年会議所は、47のブロック協議会を構成し、また日本を10地区に分けた地域協議会に集められています。さらにすべて>の青年会議所と連絡しあいながら国レベルの活動を行っているのが日本青年会議所です。

JC三信条
TRAINING 〔青年経済人としての自己修練〕
JCは個人の資質を高めると共に、集団の中での指導力訓練、能力開発をめざしています。そのための各種プログラムやマニュアルも豊富に用意されています。

SERVICE 〔社会への奉仕〕
JCは人類愛を基本理念として、自らの手で社会への奉仕を行い、ひいては地域や国、世界の平和に貢献することを願い運動しています。

FRENDSHIP 〔世界との友情〕
JCでは会員間の相互理解を基に、各地域との連体、世界との友情の輪を広げます。全国のメンバーが新たな友人であり、あなたの人脈を形成します。

昭島青年会議所 2019年度基本方針

「システムとして機能する持続可能な会員拡大」

2019年度昭島青年会議所は20名弱のメンバーでのスタートとなります。会員拡大は継続事業であり、単年度の拡大担当や理事長という「個」の力に頼っていては、持続可能な会員拡大は出来ず、それはすなわち昭島青年会議所の持続可能性にも繋がりません。念願の30名LOM必達を2020年には可能とすべく、会員拡大と併せて2ヵ年の拡大ロードマップとシステム構築をしてまいります。

「未来を担う次世代の育成」

「大人が子どもたちに考え方を強いるのは間違っている。しかし、経験を強いるのは義務である」とはドイツの教育者クルト・ハーンの言葉です。昭島、そして日本の未来を担うのは、今を生きる子ども達でもあり、我々青年世代でもあります。様々な環境にある子ども達の「生きる力」を育み、大きな成長の機会を提供するとともに、我々自身も互いの違いを認め合い、JAYCEEとして多様化する社会変化の中で力が発揮出来るような経験を提供し、資質向上を目指します。

「互いを認め合い、高め合える組織作り」

自立をする、というのは、一人で誰にも頼らずに頑張れる、ということではありません。それは孤立と呼びます。真の自立とは、社会を生き抜いていくにあたり、どれだけ多くの頼れる人や会社、団体を作れるか、ということではないかと感じています。まずは昭島青年会議所のメンバー同士がそういった絆を深め、互いに認め合い、時に支え合い、高め合える組織作りを目指します。

昭島青年会議所 2019年度事業計画

◎重点事業

・2020年、30名LOM必達を可能とする会員拡大、及び計画策定
・青年会議所の存在価値を発信する事業

◎対外的事業

・第47回昭島市民くじら祭への参画
・未来を担う子ども達を育む事業
・水のまち昭島を発信し、盛り上げる事業

◎対内的事業

・会員拡大へつながる事業
・メンバーの絆を築き、さらに深める事業
・自分とは違う環境に想いを馳せる事業

理事長紹介

昭島青年会議所 第35代理事長 内山 真吾

昭島青年会議所
第35代理事長 内山 真吾

メッセージを読む